海洋葬と散骨の仕方を知る

最近は墓じまいという概念が広まっていることもあって、その後の遺骨の新しい場所として海洋葬が注目されています。

千葉の樹木葬に関するマニアックな情報をお届けします。

海に遺骨を埋葬することで、お墓の管理や金銭面での問題がクリアになるというメリットから、利用する遺族が増えています。

海洋葬は全国の散骨会社に依頼することで可能になります。



手順自体はそこまで面倒な要素はありません。ただ、散骨の方法は三種類ありますから、その点は知っておいた方がいいでしょう。
費用や弔う時の環境などから、最適な方法を選んで海洋葬を行えばいいのです。
三つの散骨の方法とは、チャーター散骨と合同散骨、それから代理散骨のことです。

まずチャーター散骨は、遺骨を弔う遺族だけがその船に乗ってお別れのセレモニーを行う方法です。

エキサイトニュースにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

費用は他の方法よりも高くつきますが、セレモニーの演出に可能な範囲で要望を出せる可能性が高いですし、自分達だけで最後のお別れをすることができます。合同散骨は、散骨会社に海洋葬を依頼した複数の家族と同じ船に乗って散骨を行います。

散骨会社のスタッフが散骨のタイミングが被らないように配慮をしてくれますから、合同でやっていることに不快な感覚はないでしょう。最後の代理散骨は、散骨会社にすべてを委託して遺族は参加しないというスタイルです。

現地まで行くのは負担である場合に便利です。
海洋葬を代理で行った証明書や写真を受け取ることができますから、本当に行われたことをかくにんできます。

関連リンク

海洋葬をする時に必要な準備

海洋葬を実行するためには、いくつか必要なことがあります。うっかりして準備を怠ってしまい、海洋葬ができなくなったり遅れてしまうことの内容にした方がいいでしょう。...

more

東京の永代供養墓のひとつ実相寺青山霊廟

跡継ぎで不安を感じたことがある方は、将来自分のお墓は誰が護ってくれるのかと考えたことがあるのではないでしょうか。最近では、一人一人の骨壺ごとに共同で安置するタイプの永代供養墓を選ぶ方が増えているようです。...

more