安全でナチュラルな自毛植毛

いろんな育毛剤を使ってみたり、皮膚科に行って薄毛治療の薬を処方してもらったものの、効果が出なかった。


そうした薄毛にかんする残念な結果に出くわすと、ついつい絶望的な気分に陥るもの。

ここまでくると、薄毛をカバーする手段として考えられるのは、カツラをかぶるか、増毛法をお願いするか、あるいは植毛に頼らざるをえません。

発毛について知りたいならこのサイトです。

カツラは複雑な施術や手術を必要とせず手入れも楽ですが、装着時の不自然さがつきまといます。
自毛に人口毛を結着させる増毛法はカツラに比べると仕上がりはナチュラルに見えるものの、根元から増やしているわけではないので定期的に施術する必要があります。
そのために思ったより費用もかさみます。

いっぽう、植毛は大きく自毛と人口毛の二種類に分かれますが、人口毛は人によってアレルギー反応が出る場合があるため、このところ自毛植毛が一般的です。

治療にかんしては、まず、男性ホルモンの影響を受けない後頭部の毛を採取します。

本当の発毛治療情報をお伝えします。

これまではメスを使った手術が一般的でしたが、メスを一切使わず、毛包ごと直接吸引採取する施術も生まれています。

こうして採取された自毛を気になる薄毛の部分に移植します。


最新の安全な麻酔法を使って移植手術や治療が進められるので、痛みを感じることもありません。



人口毛と違い自毛は拒絶反応がなく、約一年で生え揃います。
その後も、自然なサイクルで髪の毛が成長したり生え変わるため、増毛法に顕著な継続的なケアによる出費も抑えられます。

自分の毛が生え続けることで、精神的なコンプレックスもなくなり、人口毛特有のムレもないので脱毛のリスクも減ります。